妊婦さんは、女性ホルモンなどの働きによってお口の中の健康状態や体調、また気持ちなどが不安定になりやすくなります。身体の健康状態が悪化すれば、お腹の中の赤ちゃんへ悪影響を与える可能性も十分に考えられるため、細心の注意を払って健康管理を行っていく必要があります。

マタニティー歯科では、多くの妊婦さんが抱える可能性のあるお口の問題を解決し、妊婦さんとお腹の中の赤ちゃんの健康を守っていくための診療を行います。

妊婦さんの抱えるお口の変化と問題とは?

一般的に、妊娠期の女性は下記のような変化が現れたり、問題を抱えやすくなります。

  • 1.エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが体内で豊富に生成されます。エストロゲンは妊娠期に重要な役割を果たすホルモンですが、同時に歯周病菌を増殖させ、歯周組織を侵食する働きもあります。こうした作用によって歯肉炎にかかると、低体重児早産のリスクが通常時の約7倍まで高まることが明らかになっています。
  • 2.つわりによって、歯磨きをしっかり行うことが困難になる場合があります。これにより、虫歯や妊娠性エプーリス(歯茎から出血する症状)にかかるリスクが高まります。
  • 3.気持ちや体調の変化により、歯科治療を受けたくても受けられないといった患者様も多くいらっしゃいます。

当院では、こうした変化や問題を解決し、妊娠中の患者さんとお腹の中の赤ちゃんの健康を守っていくため、妊婦さんへ予防診療を行っています。

妊娠中の歯科治療が受けられる時期とは?

妊娠中の歯科治療は、妊娠中期(5~8ヶ月)であれば問題なく受けていただくことができます。妊娠初期と妊娠後期の治療は、応急処置にとどめます。
適切な歯科処置をご提供するためにも、妊娠中の方や妊娠の可能性のある方は、治療前に必ず当院のスタッフへ申告くださいますようにご協力をお願いします。また、母子手帳などがあれば、当院が患者様の健康状態を把握し、スムーズに診療することができます。お持ちの方は、ぜひご持参ください。

妊娠中にお口の中をケアする方法

妊娠中は体や心の変化から、お口の衛生状態が不安定になりがちです。そこで、妊娠期に経験しやすいトラブルと対処法についてご紹介いたします。
妊娠中の女性が経験しやすいトラブルには、主に下記の2つあります。

歯ブラシが気持ち悪くて、口の中がネバネバする

こお口の中に歯ブラシを入れると気持ち悪くなる場合、歯ブラシのヘッド(先端部分)を小さいものへと変えてみましょう。それでも磨きにくい場合は、マウスウォッシュなどを使って口の中をゆすぐだけでも口内衛生の維持に有効です。

少しずつ何度も食事を取るため、虫歯にならないか心配

食後にキシリトールを含んだガムを噛むことで唾液の分泌を促し、虫歯リスクを減少させることができます。また、胎児の健康な歯の生成にキシリトールの成分が役立つという見解もあります。