インプラント治療とは?

インプラントとは、歯の根(歯根)までを失った人に、人工的な歯根(インプラント体)を顎の骨に植え込んで、その上に人工的な歯(歯冠)をつける治療法です。
※保険診療ではありません。

自分の歯を取り戻し、あの頃の楽しい生活を!

「歯を失ってしまった方々に、自分の歯を取り戻し、豊かな生活を手にしてほしい!」と願っています。

歯は、全部そろっていますか?

歯が1本でも欠けると、どんな不便が起こるのでしょうか。

自分の歯が一番!

物を食べるのに、自分の歯にかなうものはありません。自分の歯が一番なのです。

好きなものを好きなだけバリバリ食べられる人の目を気にせず、好きなだけおしゃべりができる息がもれないので言葉がハッキリする など、というような、歯が全部あった頃には当たり前のことだと思っていたことばかりかもしれません。
しかし、こんなに当たり前のことが当たり前でなくなったとき、それらがいかに大切で、価値があり、それまでの生活がどんなに豊かだったのかを感じられるでしょう。
もしかしたら、まだ明確にはそのように思っていない方もいるかもしれません。

インプラントで豊かな生活を

これまでに多くの歯を失った方々が、インプラントという最も自分の歯に近いものを入れることで、失った生活の豊かさや心のゆとりを手にし、輝いて行くのを見てきました。

心に豊かさを感じることができなければ、それは豊かな生活ではないのです。
生活の豊かさとは単にお金や時間があるかどうかだけではないということをわかっていただけるのではないかと思います。

インプラントという治療を通して、少しでも多くの方々に豊かな生活を手にするお手伝いを行って行くことができればと思っております。

インプラントの治療に不安を感じていらっしゃる方も多いと思います。
少しでも不安が解消され生活の豊かさを手にする第1歩を踏み出していただけたら幸いです。

インプラント治療のメリット・デメリットとは?

どんなにいいものであってもメリットやデメリットはあるものです。それらをよく知った上で、治療に入ると安心ですね。

メリット

・顎の骨に人工の歯根を固定するので、硬いものがかめる
・ブリッジのように隣の歯を削って入れる必要がない
・入れ歯のようにぐらつかない
・見た目が自分の歯に近い
・正しい手入れと定期的なメンテナンスをすれば、半永久的に持続できるとされている
・痛くない

デメリット

・人工の歯根を入れるために顎の骨に穴を開ける手術が必要
・しっかりした顎の骨がないと入れることはできない
・全身疾患があると治療できない場合がある

インプラント構造図

インプラント治療の進め方

1. 残っている歯根を抜く
2. 顎の骨に穴を開ける
3. 人工歯根を埋める
4. 人工歯根が顎の骨と結合したら連結部分をつけ、人工歯をつける

インプラントの治療期間と費用

・治療期間:上顎 約4カ月、下顎 約3カ月
・治療費(1歯につき):¥300,000~(税別)
※保険診療ではありません。